裁判所での放棄手続き

(1)申述書の提出
被相続人の最後の所在地を管轄する家庭裁判所へ、3ヶ月以内に相続放棄申述書を提出します。相続放棄申述書とは、相続を放棄するために必要な申請書の様なものです。

単純承認・限定承認

(2)手続き

申述書を提出するにあたって必要なものは、申述書は当然ですが他に収入印紙800円、郵便切手、添付書類が必要です。添付書類には「被相続人の住民票」「申述人の印鑑」「戸籍謄本」が必要です。

また戸籍謄本は、申述人によって違いがあります。

(ア)申述人が配偶者の場合

被相続人の死亡時及び配偶者の現在の戸籍謄本が必要です。

(イ)申述人が子である場合

申述人と被相続人が同じ戸籍に入っていたことを証する戸籍と、申述人の出生から現在までの継続した戸籍謄本が必要です。

相続放棄イメージ

(3)申述書提出後

申述書提出後には、家事審判事件受付カードというものが渡されます。その後には、家庭裁判所から住所確認や放棄の意思確認をするために必要な書類が送られて来るので、それに必要事項を記入して返送します。

それより2週間くらいで「相続放棄申述受理書」というものが郵送されてきます。この時点で、相続放棄は完了です。

熟慮期間の伸長

相続を放棄するかしないか考える熟慮期間を、通常の3ヶ月以上に伸ばすことができます。

例えば、財産関係が複雑ですぐには相続財産がどこにどれだけあるかが、調査しないとわからない時などには延長できる場合もあります。だいたい、3ヶ月延長してトータル6ヶ月とするケースが多いようです。

相続放棄の手続きは、このように慎重になされます。


Copyright 相続放棄のすべてがわかる All rights reserved.

privacy