相続放棄の注意点

ここでは相続放棄をする時の注意点をまとめました。これらの注意を怠ると相続放棄ができなくなり、結果的には被相続人の借金を背負う形となるかもしれません。このような事態になることを防ぐためにも参考にして下さい。

相続放棄の注意点(つづき)

注意点

(1)3ヶ月の期限

相続放棄をするには、被相続人が死亡したことを知った時から3ヶ月以内にしないとなりません。この期間内に家庭裁判所に申立てをしなければならない期間です。ですから、申し立てさえしておけば相続完了が4ヶ月後になってもそれは別段構いません。

この3ヶ月の期間は原則ですが、この期間を延長することもできます。 延長するには相続人が、裁判所に申立てをしなければなりません。申立てる裁判所は、被相続人の最後の住所地の裁判所に申立てを行います。

相続放棄イメージ

つまり、例えば亡くなった方が大阪に住んでいて、相続人が東京に住んでいれば大阪の裁判所に申立てを行うことになります。

このようにして期限を延長させることができます。

(2)相続財産の処分

相続された財産を処分すること、つまり相続財産を売却したり消費したりすると、相続を承認したということになります。

しかし、あまり価値のない日用品を消費したくらいでは相続放棄と認められることはありません。例えば、故人が生前愛用していた衣類等を着用して日常的に使ったとしても大丈夫です。

相続放棄の撤回

裁判所に「相続放棄申述書」というものを提出し、相続放棄が認められ、「相続放棄陳述受理証明書」が交付された場合には、原則として相続放棄の撤回はできません。

なぜなら、いったん放棄されて財産関係が確定したのに、放棄を撤回してまた振り出しに戻してしまうと、他の相続人や債権者に迷惑がかかるからです。 しかし、特別な場合は撤回できます。

このような注意点を事前に知っておいて下さい。


Copyright 相続放棄のすべてがわかる All rights reserved.

privacy