相続放棄と生命保険

相続の放棄をすると被相続人の財産は一切受け継ぐことはできません。ということは、被相続人が死亡し、相続人が生命保険の受取人になっていた場合に相続放棄をすれば、生命保険金は受け取れないのではないかという問題が生じてきます。

相続放棄と生命保険(つづき)

ここでは、相続放棄をした場合の生命保険との関係を説明いたします。

1.被相続人が受取人の場合

被相続人が生命保険金の受取人である場合に相続放棄をすれば、被相続人の権利を一切受け継がないということになりますので、生命保険金を請求する権利も放棄したとされ、生命保険金は貰えない事になります。

2.相続人が受取人の場合

つまり、夫が死亡して妻が夫の生命保険金の受取人だった場合等のことです。民法上の相続と生命保険金の受取契約とは別個のものと考えますので、例え相続放棄をしても民法の決まりと生命保険の契約とは全く関連性がありません。

相続書類イメージ

ですからこの場合の相続人は相続放棄をしても被相続人の生命保険金を受け取ることができます。 しかし、保険金額によっては課税される場合もあります。

3.被相続人が保険料を支払っていた場合

例えば、被相続人が月々保険料を支払い、受取人が妻であった場合は相続税が課税される場合があります。これは生命保険金は、税法上は相続財産としているためですが、このようなものを「みなし相続財産」と呼んでいます。

4.受取人が保険料を支払っていた場合

例えば、子どもが保険に加入しており、親が保険料を支払うというケースがあると思います。このような場合に子が亡くなり、親が受取人となって生命保険金を受け取ると所得税が課税される場合があります。

このように、生命保険と相続の関係はケースによって違ってきます。


Copyright 相続放棄のすべてがわかる All rights reserved.

privacy