相続放棄と代襲相続

代理相続とは、相続の開始前に相続人となる人が死亡して相続権を失った時に、子や孫等の直系の卑属が相続するということです。例えば、祖父が死亡した時にはその子どもが祖父より前に死亡していた時、その子どもが生存していればその人が相続をします。

相続放棄と代襲相続(つづき)

つまり、亡くなった祖父から見れば孫が相続することになります。

この制度は、相続人の直系卑属の期待利益を保護することを目的としています。

(2)要件

(ア)代襲者は被相続人の子及び兄弟姉妹に限られます。

代襲相続は父母や祖父母等の直系尊属、または配偶者には代襲相続は認められません。

(イ)卑属(ひぞく)でなければなりません。

代襲相続人は被相続人の子の子や、兄弟姉妹の子に認められます。

(ウ)再代襲ができます

例えば、被相続人の孫も死亡しており代襲相続人がいない時は、孫の子が代襲相続することができます。これを再代襲といいます。

(エ)養子の場合

養子縁組前の養子の子は代襲相続権を持ちません。しかし、養子縁組後に生まれた養子の子は代襲相続権を持ちます。

相続放棄

代襲相続した相続人が相続放棄した場合、放棄した相続人の子どもは相続することはできません。つまり、再代襲さえもできないことになります。

具体的には、被相続人が死亡しその子どもも死亡していたらその子ども、つまり孫が代襲相続することになります。しかし、孫が相続放棄すると孫の子どもは相続できないということになります。

代襲相続という制度と併せて、代襲相続と相続放棄の関連性を覚えておいて下さい。


Copyright 相続放棄のすべてがわかる All rights reserved.

privacy